代表挨拶

 家族カウンセリングをベースにしたカウンセリングサービスの拠点の一つが仙台市内に開設しました。
 家族カウンセリングは1986年に東北大学の臨床心理の専門家らが、米国から・ドシェーザー夫妻を迎え紹介したことが、その出発点の一つになっています。
 家族カウンセラーは全国に、現在のところ、多くはいません。訓練に質量ともに時間を要するのが一因です。
 
 家族内の複雑な問題は来談者の方を含めて「戦略的」な対策を工夫することで初めて改善に至る事もあるくらい困難なケースもあります。震災後、カップルで来談されるケースも増して参りました。
 この場合、家族カウンセリングが有効な方法として、長い歴史を有しています。
 そんな家族カウンセリングの実施拠点が仙台にできました。どうぞ、よろしくお願いします。 代表 長谷川啓三

当相談室のカウンセリング技法

 本相談室は日本ブリーフセラピー協会(NFBT)の関係機関であり、主たるカウンセリング技法としてブリーフセラピー(短期療法)、そしてブリーフセラピーと関係の深い家族療法に主眼を置いて、カウンセリング援助を行っております。また、ケースに対して有効であると判断された場合には、認知行動療法や森田療法などの技法を取り入れて、カウンセリングを行っています。

 また、直接の来談が難しい方には、訪問面接やメール相談での対応も行っております。

当相談室からのお知らせ

2018年4月6日
HP開設のお知らせ